つれづれ味わい日記

都内で働く3男児母の備忘録。暇さえあれば本読んでます。

240616今週の読書記録

おはようございます☀

写真のピカチュウはクレーンゲームを得意とするあやぱんさん(会社の同僚)からいただいたもの。

この前もあやぱんさん経由でおっきいカビゴンが仲間入りしたのですが、子どもたち(特に三男)が大喜びしています。

 

 

今週は4冊です📚

「彼女たちの場合は(上)」江國香織(著)

十代の二人の少女が旅に出るのですが(親に黙ってなので家出というほうが正しい表現か)、若い時期の旅っていいなぁと。危なげなことも不安なことも含めて「可愛い子には旅をさせよ」「百聞は一見にしかず」なのかなぁ。読み進めている「深夜特急」でも眩しく同じようなことを思っています。

江國香織さんの本初めてでしたが、情景描写が美しい感じがしました。

 

 

「夏の体温」瀬尾まいこ(著)

瀬尾まいこさんの本は「そして、バトンは渡された」「温室デイズ」以来。

rmoryrim.hatenablog.com

rmoryrim.hatenablog.com

「温室デイズ」、結構考えさせられた気がするのですが内容を全然思い出せないので、もう一度読もうかなと思っています。

 

「夏の体温」は3短編集。「夏の体温」「魅惑の極悪人ファイル」が特にお気に入りです。他の人に見せない影の部分と、でもそれは自然なこと、悪いことではないと、包んで表してくれる瀬尾まいこさんの描き方が素敵でいいですね。

 

 

「日本の死角」現代ビジネス(編)

日本でよく言われている、課題と思われることがオムニバス形式で書かれている。テーマが幅広くて印象に残るもの、そうでないものさまざまでしたが興味深く読みました。

「日本が中国に完敗した今、26歳の私が全てのオッサンに言いたいこと」で描かれていた中国の街の陽気さ。「日本の学校から「いじめ」が絶対なくならないシンプルな理由」から見る、学校空間の課題(対人距離を自由に調整できること、逃れられない閉鎖空間をやめること)。「女性に大人気「フクロウカフェ」のあぶない実態」はフクロウが気の毒になりました。「家族はコスパが悪すぎる?結婚しない若者たち、結婚教の信者たち」の考察は考えたことのない視点でした。コスパが悪すぎる点についてはイマイチ実感もてなかったですが、女性の社会進出が進み従来通り女性上昇婚・同類婚を目指そうとするとバランスが狂う、、というのは一理あるのかな、と。

「自然災害大国の避難が「体育館生活」であることの大きな違和感」もこれまで考えたことのない視点からの指摘、という点で目からウロコでした。イタリアではホテル泊が一般的なのですね。被災責任の所在の考え方の違い、という考察がなるほど、と。

 

 

「「大好きなもの」しか持たない 少ない暮らし」日本文芸社(編)

ミニマリスト7人の方のインタビューと、間取り図とお家の様子がたくさんで、面白かったです。当たり前ですが家の中がスッキリと洗練されていて、これはおうち時間が充実するよねー!という感じで。インタビューではマインドの好転についてもかなり書かれていて、身辺を整えるって心身どちらにとっても良さそうだなと思いました。私は「着ない気がするけど保留の5着くらい」をクローゼット内に放置しているのですが、次のゴミの日に処分しようと決心しました。

 

240609今週の読書記録

おはようございます☀

 

先週末は知人に誘われ「フレンチ交流会」へ🇫🇷

フランス人留学生と一緒に、ラタトゥイユやクレープを作ってきました!

幼児〜中学生の子どもたちが20人以上、+パパママでとても大所帯でしたがうちの三兄弟も張り切ってお野菜を洗ったり切ったり。

写真はクレープの具になるバナナを切っている長男。

3歳の三男が一番調理の関心高く、トマトを猫の手でおさえて頑張って切ってました🍅

 

 

今週は3冊です📚

「100歳までボケない101の方法 実践編 長寿者9人のアンチエイジング」白澤卓二(著)

タイトルに惹かれて読んでみたのですが、元気なシニアの方へのインタビューはとても面白かったです。

 

印象的だったのは「長寿は遺伝的要因よりも環境的要因(老化に占める遺伝的要因の割合は25%)」「長寿に必要なのは食事・運動・生きがい」ということ。「生きがい」を見つける、ずっとそれと向き合う、という機会獲得が一番難しいかもしれませんね。

 

 

「しあわせの哲学」西研(著)

NHK出版の「学びのきほん」シリーズは初めて手に取った気がします。さまざまな哲学者の教えをところどころ引用しながらの解説が、とても分かりやすいです。

 

キルケゴールは「死に至る病」で「人は可能性があるから生きていけるもの」だと表しています。

気絶した人があると、水だ、オードコロンだ、ホフマン滴剤だ、と叫ばれる。しかし、絶望しかけている人があったら、可能性をもってこい、可能性をもってこい、可能性のみが唯一の救いだ、と叫ぶことが必要なのだ。

可能性を与えれば、絶望者は、息を吹き返し、彼は生き返るのである。なぜかというに、可能性なくしては、人間はいわば呼吸することができないからである。

人生の充実には「可能性(できそうと思えること)」と表すのがいいのか「希望」と表すのがいいのか分かりませんが、その類の想い(したい、かつ、できる、という「生の可能性」)が不可欠ということがよくわかります。

このとき、したい(欲望)とできる(能力)のバランスというのも非常に重要、とルソーは言っています。欲望>>>>>能力では苦しくなりますよね、と。

 

首から下が動かなくなってしまったチンパンジーが事故のあとも陽気さを失わず、いたずらを繰り返していたというエピソードも印象的です。人間は「いま・ここ」だけで生きていないので、このような状況で落ち込まず、以前と変わらず、はとても難しいように思います。

 

またバタイユが説いた「人は自分が死んでしまわないように未来への配慮をする、それが労働というものだ」というものも興味深いです。狩猟採集社会から「この種を土に蒔けば、また生えてくる」という気付きによって「未来への配慮=労働」が始まったといわれます。計画的に動くことや未来を見据えること、律することでの我慢も生まれた、と。個人的に「環境を汚しながらしか私たちは生きていくことができない(労働においても)」と考えているところがあるので、労働の起源や考え方については目からウロコでした。。

 

また西さんが承認を「愛情的承認」と「評価的承認」とに分けて説明をしていました。「愛情的承認」は自発性と自由の基礎になり、幼少期が特に重要。安心感や、生き生きとした対話関係を実現するために不可欠な基礎となります。「評価的承認」には「役割関係における承認」「競争関係における承認」がありますが、どちらも「自己価値」を認めてもらうのに重要としています。

大事なのは「愛情的承認」をベースに、社会を広げていくにあたり「評価的承認」の世界を広げていく、という成長のしかた。「評価的承認」の中でも「競争関係のもの」から「役割関係のもの」に軸足を移していけると、生きていくうえでの満足度に効果的そうです。

 

 

深夜特急4 シルクロード沢木耕太郎(著)

4巻まできました!パキスタンの映画館で警察に乱暴された事件(爆弾犯に間違えられた事情がわかって少しホッと、、もしないですが)など、異国の地でそんな目に遭ったら恐ろしいなぁとか、人への興味や親切が煩わしくなってくるのは危険信号なのだなとか。いろいろな異世界のスタンダードに触れているうちに、黒か白か、善か悪か言い切ることが難しくなってくる、という。無限の「しかし…」が連ねられるようになるのはネガティブ思考ではなくて、自分の知っている世界が広くなる、寛容になれてくる証なのかもしれませんね。

2024年5月の振り返りと6月の行動計画

おはようございます☀

朝からの予定が雨天中止なので、ゆったり過ごせそうです(大掃除やらなきゃ)。

 

rmoryrim.hatenablog.com

 

学び

  1. 年間180冊の読書
  2. ブログ記事を毎週書く
  3. 今月は〇〇について学んだ!と言えるテーマを持つ
  4. 学びや経験を換金化することを目指す

 

今月の読書は14冊です。

rmoryrim.hatenablog.com

rmoryrim.hatenablog.com

rmoryrim.hatenablog.com

rmoryrim.hatenablog.com

rmoryrim.hatenablog.com

 

5月の読書トピックは

3と4は特筆なしです。

 

 

余暇

  1. 我が家を快適空間に保つ
  2. 味噌を作る
  3. 梅シロップを作る
  4. お野菜・お米購買先(茨城県・愛知県・岡山県)に行く

梅と砂糖が届いたので梅シロップをそろそろ漬けます!

 

 

人とのつながり

  1. 家族(夫・長男・次男・三男)それぞれと話す、学ぶ時間を作る
  2. 楽しい休日を過ごす
  3. 親しい人と深く関わる
  4. 新たな出会いや機会を自ら作る
  5. 自分から声をかけるトライをする

相変わらず天気の良い日、元気な日は公園で遊んでいます。

GW後半は義実家でのんびり、楽しく過ごしました。

玄関の銀杏細工が本当にかわいいー!

 

長男育成室の運動会、バスケ部もあったり、ママ友とのランニングも💨

知人の展示会にて夏服を買えたのも、楽しかったことの一つです👗

 

3月に書いていたこちらは、まだまだ全然徹底ができてないなぁ。。PCは開いていないので本格作業はしてないですが、スマホで見てしまうクセをいい加減やめたいですね。

反省点としては仕事が常に終わらないので、退勤しても休日でも気になってしまったこと。なんとなしに通知が来たら見る、答える、をやってしまっているのですが、ストレスになりそうな気配を感じたので「ちゃんと休む(それを伝える)」を4月のToDoにします。急用や緊急事態には応えたいので「基本通知オフ、急ぎの用は電話かSMSでお願いします」にしよう。

 

 

健康

  1. ジョギングをする(週1回以上)
  2. ピラティスに通う(月4以上)
  3. スクワットを毎日行う
  4. 1万歩歩く(毎日)
  5. 7時間睡眠をとる(毎日)
  6. 体重を計測して管理する(毎日)

ジョギングは週1で(月4回、GWで家空けたり体調不良や天候不良で、思うように走れず。週2くらい走りたかったな、、)、

ピラティスは月8回(走りたいけど走れなかった日にピラティスにスライドしたり)、

バスケ部の練習が1回(体調不良で行けず)。

()が言い訳オンパレードで情けなくなりますが、どれももう少し回数重ねたかったです。

 

新しいこととしてはピラティスのトレーナーさんに教わったストレッチを実践中、足腰がすっきりしていい感じです。毎週「続けてますか?」と言葉がけとアドバイスくださったり、体組成も一緒に見てくださるのでありがたいですね。気乗りしないことの継続にはフォロワーが必須!!

体重は前月平均と比べて変化なし!増えなくてひと安心ですが、欲を言えば減量したい。マイプロよりやや値が張るけど確実に美味しいVALXをプロテイン在庫に追加。一日一杯飲むようにしています。

 

 

食生活

  1. 玄米菜食
  2. 自炊を楽しむ(平日ランチの外食中食は週2まで)
  3. 選べる場面ではグルテンフリーにする
  4. カフェインフリーに努める(一日一杯)
  5. シュガーフリーに努める(お出かけ時、誰かと一緒の時のみ解禁)

チルドコーヒー控えめ、スティックコーヒーも定期購買を一旦やめ、カフェイン制限に入りました。今のところ割といけている・・!

 

6月は体調不良せず、ちょっとゆったり(本を読んだりランニング増やしたり)過ごしたいですね。

240602今週の読書記録

おはようございます☀

先週末は遊具も電車ウォッチも楽しい飛鳥山公園に行きました。

焼けた?と聞かれる今日このごろですが、年がら年中通っている公園焼けの季節です🌻

 

今週は3冊です📚

深夜特急3 インド・ネパール」沢木耕太郎(著)

インドに行くと世界が変わる、と聞いたことがありますが、異世界なんだろうな、物差しが全然違うんだろうと想像しました。

一番印象的だったのはヒンドゥー語には「ありがとう、すみません、どうぞ」の言葉が死語となっているらしい、ということ。本来は存在するが使われない背景はカースト。言葉が文化を表すともいいますから、「ありがとう、すみません、どうぞ」が割と当たり前のように、頻繁に飛び交う日本とは対局かもしれません。

アシュラム(学べる孤児院のような場所、道場のような)の話もとても良かったです。瞬間を生きている感じが、魅力に映ったのでしょう。放心から希望に変わる少女の姿、美しい祈り、なんでも遊びに変えられるさま、アシュラム外の貧しくとも陽気に見える親子たち、お別れのときのピンのプレゼント。「神の子らの家」と表す沢木さんも秀逸です。

 

 

「希望の糸」東野圭吾(著)

加賀シリーズ、今回の主役は松宮脩平と小さな喫茶店を営む女性。これはかなり面白かったです(加賀恭一郎の周辺プライベートでもいろいろありすぎじゃないか、というツッコミは置いておいて)。点と点が終盤つながっていき「希望の糸」の意味がわかる最後は感動も覚えます。400ページ超ですが瞬間で読了。テーマの選びかたも最近っぽいと思ったら2019年でした!

 

 

「瞬時に切り返す会話術」赤羽雄二(著)

インプットと(最後まで聴ききる!)とアウトプットに加え、「手を動かす(紙に整理する)」「瞬発力」「俯瞰して聴く」が大事と思える著。たしかにたしかにと思うことが詰まっていたので、手元にメモを置くことを始めます。あとは感情に引っ張られやすいので「俯瞰して聴く」は肝に銘じたいですね。最後に書かれていたオンラインMTGの注意点も参考になりました。

 

240526今週の読書記録

おはようございます☀

今週は子どもの体調不良につき在宅→自分も徐々に体調崩れてきた感じで、本調子でない一週間でした。

 

写真は五月祭で電気自動車を見せてもらっている長男次男。

このとき私は電車を見たいと熱望する三男を連れて、都バスと都電で飛鳥山公園に行ってました🚅

 

今週は2冊です📚

佐々木正美の子育てトーク佐々木正美(著)

佐々木正美さんといえば「子どもへのまなざし」を長男産後に読み込み、これから始まる育児について、心構えを学んだ気がします。最も印象に残っているのは、「乳幼児期は建物でいうと土台のようなもの。どんなに立派に見える建造物も、土台がしっかりしていないと揺らいでしまうし、土台があってこそ建物は可能になる。」というような(かなり意訳してしまっていると思いますが)内容。

これを読んで自分なりの責任感も使命感も持てたような気がします。

 

「子育てトーク」は「子どもへのまなざし」から10年ほど経った2001年に発行されているのですが、育児や保育の位置づけの変化を感じる内容となっています。

自分の価値観としては、育児がアウトソースできる社会はメリットが大きいのではないかと感じています。核家族化で、共働きの波が当たり前に寄せられる現代に、パパママだけでというのは無理ゲーですよ。大人都合の話だけでなくて、自分の親以外の大人が、自分のことを想ってくれている、温かな手や優しい言葉を感じられる状態は子どもにとっても有益ではないかなと思います。

とはいえ、佐々木さんが述べているように育児を「嫌いだ」と投げ出すのではなく、「つらい」といいつつ悩んだり努力をしたり工夫をしたち、という姿勢は大事と思います。

「きょうだい関係」の章も、三兄弟を育児している身としては響くものが多かったです。望むかぎりの愛情を注ぐ、言葉をたくさんかける、言動で愛情を示す、は心がけたいです。

 

 

「喫茶おじさん」原田ひ香(著)

茶店の雰囲気や飲食物についての描写はいい感じ。ただわからず屋と各所で言われる主人公が冴えなさすぎて、おじさんの情けなさに共感できなかったな。

他人のこともわからないけど、自分のこともわからない、というのは誰にでも当てはまることかもしれない。指摘してくれる人、ハッと気づきやショックを与えてくれる人の存在は貴重ですよね。

240519今週の読書記録

おはようございます☀

昨日は子どもたちのリクエストあり、野田市にある清水公園へ🚗

8ヶ月ぶりでした!

水上アスレチックコースは今回も長男と私の2名で、前回同様長男は水没。

(大人でも着水している方割といます)

朝から16:30までフルにいたので日焼けも疲労感もしっかりあります。

 

 

今週は2冊です📚

「トゥー・ビー・リッチ 経済的な不安がなくなる賢いお金の増やし方」ラセット・セティ(著)、岩本正明(訳)

家計管理から資産運用まで分かりやすく現実的で、しかも「好きなものをケチらずに」というポリシーにも共感。体重もファイナンスも、些細なことで議論するのではなくもっと根本にメスを入れる(必要なことはインプットとアウトプットの調整しかない)、面白みはないがそれが大事というのも納得、というか耳が痛いです。詳細で目新しい情報といえば個人的にあまりなく、パーソナル・ファイナンスの観点(年齢によってポートフォリオ見直す等)が参考になったかな、というくらいです。これから資産運用を始めるという方にはおすすめです。

 

 

「生きる はたらく つくる」皆川明(著)

ファッションデザイナー皆川明さんの自叙伝。家庭環境や交友関係が仕事にも、その後の価値観にも大きな影響を与えるのだな、ということを節々に感じる内容でした。

皆川さんも高校卒業後お金を貯めてヨーロッパに飛び出すのですが、深夜特急を見てもこういった「若いうちにギリギリのお金を持って異世界に飛び出す」経験って、すごく価値ありますよね。お金を貯めて異世界に飛び出すハードルが、今の日本ではどんどん高くなっているような気がして悲しいですが。円安も終わりませんし。。

 

苦手なことをあえて仕事にする、しかも「絶対に辞めない」という決意と自覚はどうやって持ったのだろう、はしばらく考えました。このとき皆川さん20歳くらい。

苦手なことを積極的に仕事にする心境はなんだろうなと考えていたのですが、一つ「簡単だと思った途端に、間違える」みたいなものもあるのかなと思いました。

※私の一解釈です。

先日水上アスレチックでの長男とのやり取り。

長男:「ここは簡単だから大丈夫」(スタスタと渡る)

私「簡単だと思うときに落っこちちゃったりするからね、気を付けて!」

間違えることは悪いことではないですが、面白みが薄れる、油断しやすくなる点は否めないのではないかな、と。毎日何年も続く仕事を考える際、皆川明さんももしかしたらこのような感覚だったのかもしれません。

 

副業での魚市場での経験が、後に「無駄になる部分をつくらないこと」に繋がることもすごく素晴らしいなと思いました。必要な分だけ服をつくる、余った生地で他の小物をつくる工夫。理論と実践がつながっていくこと、言行一致はその人や企業、生産物の魅力にも繋がります。

 

「よい記憶をつくる仕事」の章もいいですね。どれも納得。

  • 働かされている、ではなく、働く感覚を持続できるかどうか(自分は「仕掛ける」の感覚を持てるかどうか、だと思っています)
  • 働かされていると感じた途端に失われるものは想像力
  • 「よい記憶になるだろうか」の問いがつねにあり、願いがある

皆川明さんの幼少期の記憶(祖父母とのやり取り)とリンクするのも、いいですよね。自分も「よい仕事をしたい」とお仕事の渦中考えることがよくあるのですが、意識するのは「三方よし」であるかどうか、ということです。「よい記憶」「よい時間」になるかどうか、と言い換えてもいいかもしれないです。その時どきのベストでありたいし、振り返ったときにも「あれは良かったよね」と思える選択、行動でありたいですし。自分の職業観や仕事観を考えるきっかけにもなり、良い出会いの書でした。

 

240512今週の読書記録

おはようございます☀

GW明けの一週間、おつかれさまでした!

GW後半は益子陶器市に5年ぶりに行ってきました🍀

 

前回は生後4ヶ月の次男を抱っこ紐に入れ、これと思うお皿を探し歩いて数時間・・暑くて重くて疲労困憊の記憶が大半でした。

5年前の戦利品。毎日使ってます!

 

今回はもう少し軽快に楽しめた感じがしました。子どもたちも大きくなり、私たちも少し勝手がわかってきたところありますかね。

今回は9枚購入〜(重なってるのも含めて)!

次はまた5年後とかですかね。食事時間のQOLが上がっている感じあります◎

 

 

今週は4冊です📚

深夜特急2 マレー半島シンガポール沢木耕太郎(著)

タイは大学院の卒業旅行で、シンガポールは去年家族旅行で行ったので親近感が少々。香港、マカオに比べて著者のテンションが落ちているのが結構リアルだと思いました。それと沢木耕太郎さんが仕事をフェードアウトしてこの旅行に行こうと思った経緯、高倉健さんとの対談も語られており、面白く読ませてもらいました。自分の感覚や直観の赴くままに、というのは、大事な歩み方だと思うのですがなかなか実践できる場面、実践できる人が少ないよな、と。

 

 

「わたしの美しい庭」凪良ゆう(著)

「汝、星のごとく」が良かったので、凪良ゆうさんのご著書をもう少し、と読んでみたもの。縁切りマンションを舞台に、登場人物たちが皆淡くて爽やかでリアルで、よかったです。凪良ゆうさんは多様性にとても肯定的で、タブーなき世界を描くのに長けている気がする。「みんな違ってみんないい」「真実は自分の中だけに」を体現する小説を描いている印象。

 

 

「グッド・ライフ 幸せになるのに、遅すぎることはない」ロバート・ウォールディンガー(著)、マーク・シュルツ(著)、児島修(訳)

幸福な人生に最も必要なものは「よい人間関係」だと言い切っている。

特に興味深かったのは「孤独」について。高齢者にとって孤独感は肥満の2倍健康に悪く、慢性的な孤独感は一年あたりの死亡率を26%も高めるという研究結果も出ているのだそう。孤独は感じ方や可視化が難しいですが、こんなに影響が大きいのかと驚きました。

良好な人間関係を築くために、対人関係を整理する(会う頻度の多少、元気をもらえるか消耗するかの2軸で4象限つくるソーシャル・ユニバースがわかりやすかった)、のほか「注意」と「気配り」が大事だと説いているのも興味深い。こういった類のアウトプットに努めて、関わっていく姿勢は自分の問題なので、自分の言動次第で変えられるものが大きそうです。感謝や労いや愛は、自分の言葉にして積極的に伝えていく、と。

 

 

「孤独を生ききる」瀬戸内寂聴(著)

「グッド・ライフ」で孤独について考えていたら、偶然次に読んだものも孤独がテーマでした。

今さらながら、四苦八苦の詳細を初めて知りました。

生老病死による苦しみ、

愛別離苦、怨憎会苦(おんぞうえく)、求不得苦(ぐふとっく)、五蘊盛苦(ごうんじょうく)

孤独もそうですが、こういった苦しみも生きるうえで不可避。そういった気持ちに包まれる自分を認めて、どう付き合っていくかが大事で、付き合っていくために信頼を置ける人の存在というのは絶対必要です。

そして人と関わっていく際わきまえないといけないことは「自分と他人は異なる」という大前提。自分と同じ価値観の人は一人もいないという事実は忘れてはいけないのだなと、改めて。だからこそ共感できること、共有できる時間が嬉しくて有り難くて愛おしいんですね。

紹介されていたトルストイの「アンナ・カレーニナ」は私全く知らなかったのですが、愛や孤独を考えさせられるエピソードでした。