つれづれ味わい日記

都内で働く3男児母の備忘録。暇さえあれば本読んでます。

240225今週の読書記録

おはようございます☀

寒い三連休、我が家では味噌しごとをしました(今年で6回目)!

rmoryrim.hatenablog.com

rmoryrim.hatenablog.com

rmoryrim.hatenablog.com

rmoryrim.hatenablog.com

rmoryrim.hatenablog.com

 

今年も豆野さんのところで、ひよこ豆(初めて!)×玄米麹のキットを購入しました。

mamart.stores.jp

 

次男三男が本調子じゃなかったので、今年の味噌仕込み人員は夫長男私の三人!

美味しくできるといいなぁと楽しみです。

 

 

今週は4冊です📚

ダレン・シャン7 黄昏のハンター」ダレン・シャン(著)、橋本恵(訳)、田口智子(絵)

ダレン・シャンがバンパイア・マウンテンから飛び出しました!また大きな波乱の予感。

 

 

「結婚帝国」上野千鶴子(著)、信田さよ子(著)

2011年の本ですが、今読んでもその通りだなと思います。30代がドンピシャな読者と思いますが、結構辛辣なことも主張されていて読んでいると辛くなります。対談本って意見や思想が近い人で盛り上がるパターンが多いように思いますが、こちらは真っ向から対立していることもあって、それがリアルだし、相違や違う見地を認めながら議論を深めていくところが、いいです。ルイ・ヴィトン VS 一澤帆布は笑いました(私はここでいうと、上野千鶴子さんが推す一澤帆布派です。)。笑

自分の人生や決めたことに当事者意識(責任)を持つことと、相手が家族であっても自分が冒されているならば逃げることや手放すことも大事なアクションだな、と思います。

 

 

「東大生、教育格差を学ぶ」松岡亮二(編著)、髙橋史子(編著)、中村高康(編著)

「教育格差」をテーマに、東京大学で行われた講義のレポート。オムニバス形式で、講師やテーマ、課題が毎回変わります。

濃い内容で広範囲にわたるので、感想を書ききれないのですが、自分の子どもが中学生くらいになったときにもう一度じっくり読みたいな、と思っています。

一斉的な学習、習得度別学習をすることでラベリングが起こり、学力面にとどまらずいろいろな格差が生まれてしまう…の話に対して、講師の中村高康先生が「それは何の格差ですか。」と問いかけると、学生の一人が「繰り返されると「意欲の格差」になるんじゃないかな、と」と答えます。私の中ではベースで大事なことはこの問答に集約されている気がして、一番印象に残りました。

 

 

光抱く友よ」髙樹のぶ子(著)

信田さよ子さんが「母が重くてたまらない」で紹介していた本。

rmoryrim.hatenablog.com

 

光抱く友よ」「揺れる髪」「春まだ浅く」の三篇です。

素行不良の松尾と涼子の行き来を描く「光抱く友よ」と、精神的な繋がりを守ろうとする容子と恒夫の「春まだ浅く」が特によかったです。理屈じゃないものの大きさとか、自分すら自分のことがよくわからなくなる、その大きな影響を与えているのは他人の言動である、ということが、繊細に物悲しく描かれていたように思います。

 

240218今週の読書記録

おはようございます☀

先週末は義実家でのんびり。スキーしてみたい長男次男を夫が那須高原に連れていき、三男と私は寝正月ばりに爆睡。。

 

三連休最終日はいつもの県西公園に行き、ジョギングコース(1周2キロ)を10キロ分走りましたよ〜!

膝が痛みが気になったので、ランニングシューズを久しぶりに新調。

いつかぶりのGT2000(レッド/ホワイトにした)、安定感抜群でとてもいい感じです〜!!

 

 

今週は1冊です📙一週間過ぎるのが飛ぶ矢のように早くて1冊しか読めず🥲

「母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き」信田さよ子(著)

わかるな〜よくある話だろうな、辛いな、、というのが一番の感想。家族になると誰かの人生にも関わることができる、自分の明日と他の人の明日を迎えられるのが楽しいと親になって以来思っているのですが、混同したり投影したり、頭ではわかっているのに…みたいなことも、ありますよね。自分の人生と誰かの人生は違うという、当たり前の前提をドライになっても意識できるかどうか、それぞれの自立に尊重の気持ちを持てるかどうか、だなと。考えさせられます。

240211今週の読書記録

おはようございます☀

今週は雪が降りましたね〜☃次男が保育園で作った雪だるまもGOOD。

糸通し、絵の具、クレヨンで表しています🖌

 

今月は3冊です📚

「ナイフ」重松清(著)

ワニハブはここにも収録されているのですね!なんというか・・重松清さんって本当に身近な、陽気でいられないときの描写がすごく伝わりやすいですよね。気まずさ、もどかしさ、いやらしさ、ムカつきとか。とにかく言語化が素晴らしい。

「キャッチボール日和」にあった、反省と後悔の違いについても秀逸で読み入った。

なにかを反省するときには、本音でも建前でもいい。人はそのことについてたくさんしゃべることができる。でも、なにかを後悔しているとき、自分のやったことが厭で厭でたまらなくなったときって、言葉が出てこない。

最後の「ビタースウィート・ホーム」もまさに後悔にまみれていて、落ちるところまで落ちて、反省に移っていくさまがドラマチックだったような。

 

 

「「ない仕事」の作り方」みうらじゅん(著)

ゆるキャラ」「フィギュ和」の命名はすごい!「らくがお」もすごい逆転の発想。

これは示唆に富みまくりで、薄めですがエッセンス濃いめでした!

  • 仕掛けるマインドが大事
  • 自分だけの信念を堂々と信じ続けることも大事
  • つまんなかったね・・となりそうなときも「そこがいいんじゃない!」と言う
  • 好きなことを仕事にするのだが、「私が」で考えない(自分なくしの旅)

 

 

「熟達論 人はいつまでも学び、成長できる」為末大(著)

内容は私にはかなり難しいなぁと感じました。しっかり読み込むにはそれなりの時間と集中力を要します。遊びが大事ということ。ここでいう遊びとは「主体的であり、面白さを伴い、不規則なものである」こと。だから飽きることもなく、余計な意味や圧や恐れを必要とせず、純粋に遊び込めるのだろう。心の中の「子供」を守りきる、という言葉にもあるよう、幼少期の感覚が重要なのだと感じました。

 

2024年1月の振り返りと2月の行動計画

一年の1/12がもう終わってしまったということで、そのあっという間さに驚いております…!相変わらず寒いですね❆

新年早々我が家では乾燥機が壊れ、お風呂も調子が悪くなり、なかなか大変なひと月でした。たっぷり水気を含んだ洗濯物をコインランドリーに毎日持ち込む作業がもう寒くて、重くて。。

 

お正月に立てた今年の目標?心がけはこちら。

rmoryrim.hatenablog.com

 

 

学び

  1. 年間180冊の読書
  2. ブログ記事を毎週書く
  3. 今月は〇〇について学んだ!と言えるテーマを持つ
  4. 学びや経験を換金化することを目指す

 

今月の読書は17冊。

rmoryrim.hatenablog.com

rmoryrim.hatenablog.com

rmoryrim.hatenablog.com

rmoryrim.hatenablog.com

rmoryrim.hatenablog.com

 

特に考えさせられたのは「知的再武装」と「頭のいい人が話す前に考えていること」です。

 

何か学び、GOOD&NEW的なことはあったかなと振り返っているのですが、土日も含めて一心不乱に仕事していたなという感じで特筆できることがありません。泣

 

 

余暇

  1. 我が家を快適空間に保つ
  2. 味噌を作る
  3. 梅シロップを作る
  4. お野菜・お米購買先(茨城県・愛知県・岡山県)に行く

お部屋は定期的に掃除して(在宅勤務日の休憩時間!と決めている)、快適空間は努められました。お味噌は今年も注文済。2月に作る予定です!

 

 

人とのつながり

  1. 家族(夫・長男・次男・三男)それぞれと話す、学ぶ時間を作る
  2. 楽しい休日を過ごす
  3. 親しい人と深く関わる
  4. 新たな出会いや機会を自ら作る
  5. 自分から声をかけるトライをする

休日は公園めぐり強化!レンタカー出動も多かったです。

 

冬休みが明ける前に鰻でチャージしたことも非日常で楽しかったです。

 

 

健康

  1. ジョギングをする(週2回以上)
  2. パーソナルトレーニングに通う(月2回以上)
  3. スクワットを毎日行う
  4. 1万歩歩く(毎日)
  5. 7時間睡眠をとる(毎日)
  6. 体重を計測して管理する(毎日)

なんと2019年ぶりに勢いでハーフマラソン走ることに決めたので、ここはますます強化せねば!となりました。

ジョギング→距離を伸ばして、7キロ弱を週2以上走りました!もう少し心拍数上げられるように、ガチランナーの知人に相談中。

パーソナルトレーニング→1月は5回通えました!、、が、2年半強完全に信頼していたトレーナーさんが休業することになったので2月からはジム難民です。どこにどう通うか絶賛考え中です。

スクワット→忙しさや疲労にかまけてサボっているのでちゃんとしようと思います。。お風呂入る前、と、タイミングをセットします。

体重計測→毎日しているのですがもう「正月太り」と言えないほど、恒常的に増加傾向のままです。夜ご飯を少なくする(おかず少量を考え中)、を敢行します。体重を書き込んでいた手帳は先日撮影場所に置いてきてしまい(恥ずかしい!)、担当者の方に送ってもらっています。

2月は少しお休みしていたバスケ部も再開するので運動量増える見込みです🏀

 

 

食生活

  1. 玄米菜食
  2. 自炊を楽しむ(平日ランチの外食中食は週2まで)
  3. 選べる場面ではグルテンフリーにする
  4. カフェインフリーに努める(一日一杯)
  5. シュガーフリーに努める(お出かけ時、誰かと一緒の時のみ解禁)

自炊強化もグルテンフリーも許容範囲で◎お菓子を果物置き換えを強化中!

スナック菓子はやめて、果物、プロテイン、さつまいも、プロテインバー的なものに代替中。2/2のゾロ目セールを逃してしまったことにいま気づきました。。

 

KAJITSUのフルーツカップにハマり中🍎

 

2月は痩せたい!痩せたい!!痩せたい!!!ので、筋トレと食事節制を頑張って結果を出したいと思います。ジム見つける、バスケも頑張る、夜ご飯抑えるを習慣化。

240204今週の読書記録

おはようございます☀

写真は三男の最近の製作物。ハサミの練習を兼ねてピザを作ったそうです🍕

 

 

今週は4冊です📚

「思い出のとき修理します」谷瑞恵(著)

「思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車」谷瑞恵(著)

ほっこりエピソードのオムニバス。過去をよく思い出して、(他者の力を借りながら)ほころびを直す、点と点を繋げることがひと山あり、その先に現在の笑みがあるのかな、というお話ばかりでした。

絵になりそうですし、ラブストーリー要素も入ってますし、実写化してもおかしくないような気もします。

 

 

「頭のいい人が話す前に考えていること」安達裕哉(著)

内容はタイトルの通りですがいまの自分に響くことがとても多く、良い本でした。

もう少しゆとりを持って話せるようになりたいです。

 

・冷静さを失うな(特に子どもの前だと難しい・・一番の反省点)

・頭の良さを決めるのは自分ではなく他者

・考えや質問は積極的に表そう、沈黙も怖くない(むしろ◎といろいろな本に書かれているが、沈黙がものすごく苦手です・・)

・結論から話す、は、相手が最も聞きたいであろう話から、と同義

 

 

「社会を結びなおす 教育・仕事・家族の連携へ」本田由紀(著)

10年前(2014年)にまとめられたものですが、最後に提言されている「新たな社会モデル」も納得感と期待がとても持てた。「戦後日本型循環モデル」は極めてよくできていて、社会としては循環するものだったのだろうなと図解を見て改めて考えるところがありました。「まわって」はいるけど一方的で、限定的で、というところから脱却したのが現代の姿なのだろうなと。仕事・家族・教育がそれぞれ相互作用して、D&Iが実現することを望みます。

 

240128今週の読書記録

おはようございます☀

寒くても元気いっぱいの3兄弟🍡長男が小学校で作った凧をあげながら、家の中走り回ってました💨

走り回る動画の開始画面です。笑

 

今週は2冊です📚

「知的再武装60のヒント」池上彰(著)、佐藤優(著)

佐藤優さんといえば「インテリジェンス 武器なき戦争」を4年前に読んだな〜という記憶。もう一度読んでみてもいいかもしれない。

rmoryrim.hatenablog.com

 

・45歳までの積み上げがとても大事、新しいことも積極的にやってみる

池上彰さんが週刊こどもニュースでこれまでのご経験やご知見、持ち味を存分に発揮され、目指していた解説委員にはなれないと告げられ、フリーになってさらに開花のエピソードがよかったです。一年に一度の棚卸しをして軌道を考える、というのも納得。

 

池上彰さんも佐藤優さんもものすごい量の本を読まれている(しかも深く)!!

インプットしたらすぐにアウトプットする。家族や身近な人に話すでも。そういったことの繰り返しで自分の血肉になるし、話術も培われる。

 

・60歳や65歳からは、新しい人生を作っていくことに注力すればいい

 

 

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない」pha(著)

こういう人がいる、こんな生き方や考え方もありなんだ、という価値観や選択肢の多さを紹介することで、規範意識のプレッシャーから解放される、寛容になれる人がいたら・・というphaさんの想いがとてもいいなと思いました。「知識は人を自由にする」という表し方も素敵です。プレッシャーが強くてセーフティーネットが弱い社会というのは、生きにくさがありますね。。

以前産業医の知人に「よく食べてよく寝て、孤独にならなければ大丈夫」という話を聞いた。この大丈夫=佳く生きる、心身健やかに生きる、とすると、しゃかりき働かなくとも、無理に結婚しなくとも、地位財的なものを持っていなくとも、十分可能なはずなんですよね。phaさんはシェアハウスを拠点にされていたり運営もしたり、またご友人とのつながりを大事にされているエピソードもたくさんあったり、「孤独にならない」ことも無意識の意識からかとても大事にされている印象がありました。

 

今週読書していて、池上彰さんが「読書は人生の旅」と書かれていて、そうだよなぁ!と共感。自分は自分の想像力や日々の中でしか過ごせないので、他の人の世界観や経験談を得られる読書はまさに「人生の旅」です。

一方phaさんは「本はすごくコストパフォーマンスが高い暇潰し」という。これもわかるなぁ。モノよりコト消費の流れですが、コト消費の中でもダントツでコスパ高いのではないでしょうか。ただ「誰かと」という共同面では弱いので「ソロ活動としての暇潰し」としては、という注釈付きかなぁ。

「人生の旅」と表したり「暇潰し」と表したり、面白いですよね。私にとって読書は「活字試し」ですかねぇ。写真や映像がない、文字情報だけのインプットで分かったり、世界が想像できたり、他人に親しみを持ったり反感を抱いたり、って、よく考えたらすごいことだと思ってます。自分の語彙や想像力や気力がないと成り立たないことなので、引き続き楽しんでいきたいです。

240121今週の読書記録

おはようございます☀

今朝の東京は雨模様です!昨日は小学校の授業参観(夫は仕事)で、今日はどこで遊びましょう・・と考えながら日曜を迎えました👀

今週は社長の誕生日があり、みんなでケーキを食べました🎂

アンテノールのレモンタルト、ものすごく美味しかったです🍋

 

今週は3冊です📚

「なぜヒトは学ぶのか 教育を生物学的に考える」安藤寿康(著)

“学校”という仕組みが最善なのかという議論は置いておきつつ(最大公約数的に最善、という印象を受けました。最近“学校”の定義や選択肢が広がっていることはいいことと思います。)。

ヒトの性質として、教育して学習するものなのだということがわかりました。

 

カロとハウザーが定義した“教育”

①ある個体Aが経験の少ない観察者Bがいるときのみ、その行動を修正する。

②Aはコストを払う、あるいは直接の利益を被らない。

③Aの行動の結果、そうしなかったときと比べてBは知識や技能をより早く、あるいはより効率的に取得する。あるいはそうしなければまったく学習が生じない。

 

「教育がない」狩猟採集民(アフリカのピグミー族)を訪ね、けん玉を題材に調査したものは特に興味深かったです。教えるような行動が見られるのですが、「対面」ではなく「寄り添う」教育、「斜めの教育(目線が交わらない)」なんですよね。

 

「能力と学習」では遺伝による影響がとても大きいことも記されており、考えさせられる内容でした。

 

 

「消齢化社会 年齢による違いが消えていく!生き方、社会、ビジネスの未来予測」博報堂生活総合研究所(著)

「生活定点」という調査結果がベースとなっている書物ですが、とても面白かったです。この年代にはA、この年代にはBを訴求するという、ヨコ串のマーケティングはもう通用しなくなる(年代の壁を取っ払い、趣味趣向共感で複数の年代を一気通貫して考えるタテ串の発想へ)、と。「小さな違い」をリスペクトしつつ、「大きな同じ」を確認することがとても大事になる、というのも良いですね。この機微がわかるよう努めないと、生きにくくなりそうな時代です。

 

特に面白かったことをメモ

・「人生ゴムバンド」の考え方

感覚的には寿命70年時代の70歳=寿命100年時代の100歳とする、長寿が進めば進むほど、同じ年齢としても昔より気持ち面体力面が若くなるのではないか、との考え方。寿命70年時代の35歳=寿命100年時代の50歳ということで、私はいま35歳なので寿命100年時代の35歳(いま)=寿命70年時代の25歳くらい、という感覚といえます。

要因は長寿化だけではないと思いますが、ひと昔前は25歳で結婚していないと適齢期を逃した!と言われていたと聞きました。いまはこの年齢も後ろにいっていることともリンクしました。

 

・特定の年代を表す言葉は死語になる

青二才、年寄、若造、年増、年の功、お年頃、婚期、適齢期、若作り、まだ◯歳もう◯歳、シニア、

消齢化以外にも「消性化」しそうなもの、あるいは、年齢に代わる、実態を捉えるための物差しを考えてみることもキー

 

・「変化のない社会」が消齢化を生み出した

経済成長、親より上に行く経験がなくなり「大体同じような時代」になったことが大きな要因ではないか。

 

・消齢化の時代に求められるのはストーリー性(中村奈都子さん)

属性別のマーケが通用しなくなると、企業に求められるのはストーリー性。

明確なパーパスに沿い、自分たちが何を大切にし、何を目指しているかを深掘りして発信していくことが必要(企業のMVVが重要、見られることになる)。生活者(消費者)に向け「物語の続きを一緒に作っていきましょう」という姿勢を見せることで、生活者はその姿勢に共感しファンとしてコミュニティに参加する。

「こういう商品を作りました」「こういう人に向けて売っていきます」と打ち出して生活者が従う、という時代(トップダウン社会)は終わり、企業と生活者がフラットな関係の中で新しい商品やサービスを作り上げていく時代(フラット社会)になる。企業と生活者が一緒になって「したい」や「できる」を増やしていくという在り方が求められている。

フラット社会を目指した地域の人口が増えている、というのも説得力がありますね。

 

 

ダレン・シャン6 バンパイアの運命」ダレン・シャン(著)、橋本恵(訳)、田口智子(絵)

大騒動の真相がわかりうるうるしつつ、最後の最後にあっ!と驚きました!!!!!折り返し地点、引き続きですね。