つれづれ味わい日記

都内働きママのなんでもない日々の備忘録です

今週の読書記録(201018)

おはようございます。

三男が少しずつまとめて寝るようになったので、目覚めが改善されました。調子が良いと19時→24時→4時で授乳、24時の回を頑張ればなんとかです。

今のところなんともならないのは体重、妊娠前+4キロから動きません。。。今週から保育園送迎を再開したので、歩く量を増やして戻していきたいです。

 

 

今週は4冊。

「10年後あなたの本棚に残るビジネス書100」神田昌典勝間和代(著)

次読む本を探すため、カタログのような用途でパラパラっと。おかげで読みたい本がたくさん。

 

 

勝間和代のお金の学校 サブプライムに負けない金融リテラシー勝間和代(著)

資産運用に興味が出たところで、2009年の古い本ですが一読。金融界のプロと勝間さんの対談が5本立て、なるべく噛み砕いて専門分野を伝えようという気概が感じられます。ですので私のような初心者でも点と点が繋がりやすいというか、(全部を理解できたわけではないけれど)疑問がいくつか解消したり、わかりやすくて良かったです。

 

 

「成功する子 失敗する子 何が「その後の人生」を決めるのか」ポール・タフ(著)、高山真由美(訳)

友人Iさんに教えてもらった一冊。

親から子への心理的/物理的なスキンシップが重要だということ、

失敗をなんとかできる力が必要だということ(失敗への本物の危機感は、成功につながる道への決定的な一歩になりうる)。

ありきたりな言葉だけど、失敗を乗り越えた先に成功がある。親を含めて「失敗しても大丈夫だ」と言ってくれる大人と出会えるか、失敗しても受け容れられる、やり直しが許されるセーフティーネットがあるか。

私自身「失敗しても大丈夫だ」と言える大人でありたいし、「失敗しても大丈夫だ」の雰囲気が漂う中で、失敗しながら成功体験を積み上げて、また失敗して…を繰り返して暮らしたい。

 

 

「人の心を動かす文章術」樋口裕一(著)

ここでは好き勝手書いてますが、今後仕事の一環でしっかりした物を書く作業がありそうなので読んでみました。東進ハイスクール講師による書、実例や練習問題も多く、ポイントがまとめられていて参考になりました。いざ!となったら再読するかも。